ロータス・エリーゼ クラッチ オーバーホール

サイトマップ

修理事例集

ロータス・エリーゼ クラッチ オーバーホール

ロータス・エリーゼ フェイズTのクラッチオーバーホールです。
クラッチミート時にジャダーが発生してきているので点検修理致しました。
ロータス エリーゼはアルミのバスタブシャーシにファイバーボディーを載せています。リアセクションのサブフレームは取り外しできます。

補記類をすべてに外して、リアカウルを外さずにエンジン脱着を行うショップもありますが、作業効率を考え、弊社ではリアカウルを取り外して作業致します。

リアカウルを外し、リアサブフレームを外しエンジン・ミッションを取り外します。

フライホイールは、ユーザー様のご希望によりライトウエイトフライホイールを取り付けました。
クラッチディスク、カバーは、強化タイプを装着。
レリーズベアリングも同時交換です。

ライトウエイトフライホイールを装着したおかげで、エンジンレスポンスが良くなり、明らかにエンジンの回り方は変わりました。

お問い合わせからの流れ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラボ テクニカルサービス
〒651-2146
兵庫県神戸市西区
宮下1丁目2-8
TEL/FAX 078-920-0678
info@labo-technical.com

営業日カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2019年01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

営業日

定休日

お問い合わせはこちら