ポルシェ 968 タイミングベルト交換

サイトマップ

修理事例集

ポルシェ 968 タイミングベルト交換

タイミングベルト廻り交換で入庫した、FRポルシェの4気筒最終モデル、968です。

トランスアクスルで重量配分を考慮されたモデルで、911とは違った楽しさがあるモデルです。

タイミングベルトが採用されており、4万キロごとの交換がメーカー推奨となっております。
エンジンの振動を消すためのバランスシャフトがあり、こちらもベルトで駆動しているので、タイミングベルトと同時交換となります。

ウォーターポンプは、タイミングベルトを外さないと交換出来ない為、走行距離や過去のメンテナンス履歴を考慮し、同時交換をお勧め致しております。

過去のメンテナンス履歴がわからない中古車を購入されたとかで、タイミングベルト廻りを点検致しました。

バランスベルト、深いクラックが入っておりました。
バランスベルトが切れてタイミングベルトに絡まり、タイミングベルト切れてしまうケースもあるようですので、早めの点検をお勧めしております。

タイミングベルトは自動でテンションがかかるようになっておりますが、バランスベルトの張りは専用のゲージで調整しないといけません。

お問い合わせからの流れ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラボ テクニカルサービス
〒651-2146
兵庫県神戸市西区
宮下1丁目2-8
TEL/FAX 078-920-0678
info@labo-technical.com

営業日カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2018年01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

営業日

定休日

お問い合わせはこちら