987 ボクスターS クラッチオーバーホール

サイトマップ

修理事例集

987 ボクスターS クラッチオーバーホール

ポルシェ 987 ボクスターSのクラッチオーバーホールを致しました。走行距離、78,000キロ。まだ、すべりはありませんでしたが、クラッチミートのポイントが手前に来ており、ペダルを踏むと渋さがでておりました。
ボクスター、水冷911モデルは、そこそこ丁寧な運転でも10万キロ前後ですべりが出てくることが多いです。
すべり出すと一挙に行きますので、早目の点検修理がお奨めです。
今回のボクスター、クラッチディスクの残は、新品の3分の1位でした。プレッシャープレート、レリーズベアリングも同時交換いたしました。
クラッチオーバーホールの際は、フライホイールを外して、クランクシールの交換もお奨めしております。
クランクシール、頻繁に番号変更されておりますし、よく漏れるところであります。
今回のボクスターも滲んできた形跡がありました。

お問い合わせからの流れ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラボ テクニカルサービス
〒651-2146
兵庫県神戸市西区
宮下1丁目2-8
TEL/FAX 078-920-0678
info@labo-technical.com

営業日カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2018年01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

営業日

定休日

お問い合わせはこちら